Charlie's Soap チャーリーズソープ

Charlie’s Soap チャーリーズソープ 洗濯用洗剤

ココナッツオイルから抽出した成分で肌と地球にやさしい洗剤。Charlie’s Soap チャーリーズソープ 洗濯用洗剤

蛍光増白剤や漂白剤、香料、着色料は入っておらず、最低限の原料で作られたシンプルな洗濯用洗剤です。

Charlie's Soap チャーリーズソープ 洗濯用洗剤

Charlie's Soap チャーリーズソープ 洗濯用洗剤

商品

Charlie’s Soap, Inc., ランドリーパウダー、2.64 lbs (1.2 kg)

原料

炭酸ナトリウム(洗濯ソーダ)を、C12-15 pareth-2(洗剤)、メタケイ酸ナトリウム(乾燥剤)

※自動翻訳です。

日本の販売店では以下のように書かれているようです。
植物性界面活性剤(15%ココナッツオイルアミド)、アルカリ剤(炭酸塩)、天然ソーダ

使ってみた感想

弱アルカリ性の粉末洗剤で汚れ落ちは問題なし!サラサラの粉末で水にもサッと溶けて溶け残りもなくとても使いやすいです。

粉末はほんの僅かに薬品のような香りがしますが原料の香りなのでしょう。洗った後は部屋干ししても嫌な匂いが全く付かないのが驚きでした。

余分な成分が入っていないというだけあって、洗いあがりはなんとなくスッキリさっぱり。柔軟剤を入れなくても使えましたが、入れたほうが柔らかく仕上がるので少量だけ入れて使っています。

単価を計算してみました。

商品は1.2kg入りで、我が家の洗濯機4.2kgの1回の使用量はスプーン1杯15g。80回分入っていることになります。

購入時の金額は$14.99で、1ドルが約103円だったのでおおよそ1,544円。1回のお洗濯につき[19.3円]かかることになります。

ドラッグストアやスーパーなどで売っている市販の粉末洗濯用洗剤を安売りで買うと、だいたい1回のお洗濯につき10~12円くらいなので少し割高に感じてしまいます。

けれど、肌に優しいだけではなく、洗濯後の排水が微生物により1ヶ月で約98%が無害な物質に分解され環境にも優しいということを考えると、それだけの価値がある洗剤かもしれません。

まとめ、おすすめポイント

【良い点】

・シンプルな成分で肌にも環境にも優しくて安心
・粉末だけど溶け残りがない
・汚れ落ちがよくすっきり洗える
・室内干しでも嫌な匂いがない

【残念な点】

・価格が少し高め

商品自体はすごく気に入りましたが、価格が少し高めなのでリピートは悩むところです。

iherb5%オフクーポンコード
iherb今週の割引セール最高15%オフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA